1. AGA・薄毛専門サイト > 
  2. お悩み相談室/男性のAGA・薄毛 お悩み相談室 > 
  3. 体毛が濃い人は、薄毛になりやすいの?

体毛が濃い人は、薄毛になりやすいの?

“体毛”

30代になってからヒゲが濃くなってきました。 毛深い人ほどハゲやすいという噂を聞きましたが本当でしょうか?

「毛深いとハゲやすい」―― 巷でよく耳にする噂です。

体毛やヒゲが濃ければ頭髪も濃くなって良さそうなものですが、実際はどうなのでしょうか。

「毛深い理由」と「薄毛の原因」をそれぞれ考えてみます。

まずは毛深い理由ですが、頭髪以外の体毛はテストステロンの作用によって生えて育ちます。この営みはテストステロンの量に比例する為、テストステロンが多ければ多い程毛深くなるのが一般的です。

一方、薄毛はテストステロンが原因ではありません。

原因はDHT(ジヒドロテストステロン)で、テストステロンよりさらに強力な男性ホルモンが毛母細胞を急速に萎縮してしまう事が要因です。

それぞれ原因となる男性ホルモンの種類が異なる為、両者は全く関係ないものに見えますがそうではありません。

DHTはテストステロンと還元酵素が結び付き生産されます。

という事は、テストステロンが多ければ多い程、DHTの生産量が増える可能性が高いという事です。

もちろんAGAには還元酵素の量やテストステロンとの結び付きやすさ、毛乳頭との結び付きやすさなど、様々な要因が絡んできますのでテストステロンが多いだけで絶対に薄毛になるという事ではありませんが可能性は高まります。

毛深いと薄毛になりやすいというのは、意外に当てはまる噂かも知れませんね。

薄毛のことなら、神戸中央クリニックへご相談ください。

記事監修:神戸中央クリニック




男性のAGA・薄毛お悩み相談一覧へ →